アメリカでLINE(ライン)は使える?WiFiのレンタルは必要?【現地のフリー(無料)WiFi事情】

LINE,ライン,アメリカ



先進国であり、世界最大の国民経済を有する国アメリカ。
全部で50の州を持っており、各州が自治権を持ち、それぞれが国家のように存在しています。広大な国土に住んでいる人々も多国籍。気候も様々なので、多種多様な野生生物も存在しています。

 

観光地としては経済・流行・娯楽等の中心地そして最大の都市、ニューヨーク。大自然やショッピング、ショー鑑賞、エステ、ゴルフなど街全体がテーマパークのような街ラスベガス。

 

1年中温暖で過ごしやすく、賑やかな街中とのんびりとしたビーチもどちらも楽しめる街ロサンゼルス。ハリウッドに世界遺産。

 

見どころもがたくさんあり、何度訪れても違った楽しみがある、魅力がつまった国です。

 

そんなアメリカに行く際に気になるのが現地のフリー(無料)WiFi事情ではないでしょうか?

 

インターネットやLINE(ライン)が使えるかどうかで、スケジュールや行動範囲も違ってきます。

 

宿泊先にWiFiがある場合は、部屋にいる家族と外からLINE(ライン)で無料で通話が出来るし、別行動もしやすい!旅行の楽しさや充実度が大きく変わってきますよね。

 

そこで気になる

 

「アメリカでネットやLINEを使うためのフリー(無料)WiFiスポットはありますか?」

 

にお答えします。

 

解決

 

答えは、
「はい、たくさんあります!」

 

 

アメリカでは、街のいたるところで、フリー(無料)WiFiが利用できます。

 

<アメリカのフリー(無料)WiFiスポット>

 

◆アメリカのカフェやレストランのフリー(無料)WiFi
アメリカでは、大型チェーン店のカフェやレストランで、フリー(無料)WiFiが利用できます。

 

基本的にパスワードが掛かっていることが多いので、お店の人にパスワードを聞いてみましょう。

 

◆空港のフリー(無料)WiFi
主要国際空港や地方の空港を含め、フリー(無料)WiFiが利用できます。
時間制限や、速度制限がある場合があるので利用前に確認が必要です。

 

◆公共交通機関のフリー(無料)WiFi
長距離バスの「Megabus」、高速鉄道の「アセラ・エクスプレス」などにフリー(無料)WiFiが導入されています。

 

◆図書館のフリー(無料)WiFi
図書館の規模に関係なく基本的に全米の図書館にはフリー(無料)WiFiが完備されているそうです。スマホや携帯をマナーモードにすることを忘れずに。

 

◆ホテルのフリー(無料)WiFi
アメリカのホテルでは、当たり前のようにWiFiが使えます。宿泊費にフリー(無料)WiFiが含まれている場合はチェックインの時にパスワードがもらえます。フリー(無料)WiFiが宿泊費に含まれていない場合は予約やチェックインの時に確認してください。

 

【まとめ】
アメリカでは、いたるところでフリー(無料)のWiFiスポットがあります。
しかし、、、

 

●カフェやレストランでは注文をしないといけない

 

●使用時間の制限があったり、通信会社との契約が必要な場合がある

 

●セキュリティ対策がされていない(誰でも簡単に接続できるということは・・・。)

アドバイス

私は、そのような手間がストレスだったり、時間がもったいなかったり、どこどこは使えるけれど、どこどこは使えないなど、考えたりしたくないのでフリー(無料)のWiFiスポットはほとんど使用しません

 

セキュリティも心配ですし。日本からモバイルWiFiルータをレンタルして持って行ってます。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方は必見!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意