フィリピンのセブ島にて。カワイイ猫ちゃんにご用心!

 

日本から飛行機で5時間ほどで行くことができる、海がとっても綺麗で有名なフィリピンのセブ島へ旅行のときのことです。

 

ガイドブックで美味しいと有名なレストランに行きました。
そこは、森の中にコテージみたいになっているような素敵なレストラン。

 

やはり人気店だったので混雑していて、注文しようと思っても、店員さんがなかなか来ない。仕方ないので、しばらく待っていると、ふと周りを見渡すと猫がたくさんいました。

 

とっても人懐こい猫たちだったのですが、野良猫っぽいし、触るとさすがにダメかな?と思って最初は見ているだけでした。

 

しかし、お料理がくると、猫たちは私たちの足元近くに寄ってきます。
「お腹が空いてるのかな?」と思って、少しだけ御飯をあげてみることにしました。やっぱりお腹が空いてたようで、パクパクと食べてくれました♪

 

どこの猫ちゃんもかわいいなあと、思いながら私たちも食事をしているうちに、おなかいっぱいになった猫たちはどこかへいってしまいました。

 

その後、私たちは会計を済ませて帰る用意をしていました。

 

なんかかゆいなぁと、ふと、足を見てみると。。。
 
ん!?
 
無数の虫刺されに似ている赤いブツブツが・・・まさかとは思うけどあの猫かな!?ノミがいたんでしょう(T T)

 

慌てて足を見せながら、店員さんに身振り手振りで説明。しかし、英語のみだったので詳しく伝えきれません。

 

店員さんも困ったような顔をしており、お薬をいただけるような感じではなかったので、急いでホテルに戻りました。

 

ホテルには病院が併設されていたので、ドクターに説明して無事薬を貰うことができましたが、応急処置の薬のみで日本に帰るまで我慢することに。帰国後すぐに病院に行ったので跡にならずに済みました。

 

お店の店員さんは、あの時きっと親切に英語で対処法など、何か言ってくれていたのですが、もの凄い速さで話してたので全く聞き取れませんでした。

 

もし、あの時スマホが通じたなら、セブ島は今ではもちろんWIFIを利用できる場所は多いです。でもそのときのレストランは、電波が届かない場所だったのです。)すぐにどうしたらよいかわかっただろうなと思います。
 
店員さんも困らせてしまって申し訳なかったです。 

 

アドバイス

海外での病気や怪我など、特に病院に行かなければ行けない場合は、情報をすぐに調べる必要があります。言葉がわからないと不安がさらに大きくなりますよね。
そういうときのためにもやっぱりスマホやパソコンは持って行きたいですよね。

 

今では、どの国にもFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使えます。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方へ!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意