モバイルWi-Fiのおかげで、韓国のソウルの仁川空港での待ち合わせも簡単!



韓国のソウルに住んでいた親戚を、家族と旅行がてら訪ねたことがありました。この時初めて、モバイルWi-Fiをレンタルして、持って行きました。

 

レンタルした場所は成田空港です。空港内に、モバイルWi-Fiのレンタルショップがあり、そこに立ち寄りました。

 

搭乗手続きなどをする前の、誰でも行けるところにある店舗だったので、時間に余裕を持って、早く空港に到着した私たちにとっては、時間も有効に使えて、とても便利でした。

 

レンタルショップでは、自分のスマホがインターネット接続できるように、スタッフに操作方法を教えてもらい、設定もその場ですぐに済みました。(スマホが使える人なら、通信の設定などはできない人もこの時設定してもらえば安心!)

 

あとは、現地に行ってインターネットに接続したい時には、モバイルWi-Fiの電源をオン、使わない時はオフにするだけだったので、とても簡単でした。

 

そして成田空港を出発し、ソウルの仁川空港へと着きました。

 

モバイルWi-Fiの便利さは、空港に降り立ってすぐに感じました。早速、モバイルWi-Fiの電源を入れて、LINEを使った時です。

 

仁川空港に迎えに来てもらっていた親戚に、LINE電話をして、無事に会うことができました。

 

空港内ならどこから出て来るか、ゲートが決まっているのだから、待っていれば会える、そんな風にも思えますが、待っているのも待たせるのも、お互い不安になるものです。

 

飛行機が空港に予定通りについても、入国手続きにたくさんの人が並んでいたり、荷物の受け取りでなかなか自分の荷物が出てこないなど、時間がかかることもよくあります。いつ会えるかは、なかなか予測できません。

 

実際に私たちが行った時も、荷物の受け取りで時間がかかってしまいました。

 

でもそんな時も、LINE電話で「ちょっと時間がかかってるから」と伝えるだけで、親戚にも安心してもらい、こちらも焦らなくて済みました。

 

こういう時にLINE電話が使えると、相手をゲート前で長い間待たせることもなく、カフェで休んでもらっている、なんてこともできますね。

 

そして、無事に入国手続きが済み、私たちが入国ゲートから出てきた時に、また連絡をして、迎えに来てもらうことができました。

 

LINEでなら通話も無料なので、通話代を心配する必要もなく、普段日本で使っているのと同じように使えたのも安心でした。

 

この旅行の時の利用だけでも、モバイルWi-Fiにしてよかったと実感することができました。

 

一つ目の良い点は、どこでもインターネットにつながることです。

屋内でも屋外でも、使いたい場所ですぐに使えるのは、ストレスもなくてよかったです。

 

二つ目は、セキュリティです。

 

不特定多数の人が接続しているFree-Wi-Fiとは違い、自分たちだけしか接続しないし、必要ない時には電源もオフにするので、安心して使えます。

 

三つ目は、自分が普段使用しているスマホを使えることです。

機種をレンタルするなどの余計なお金はかからないし、使い慣れているのでとても便利です。

 

そして、四つ目は、通信代金がかからないことです。

 

レンタル代は「一日あたりいくら」とか、「一週間でいくら」という感じでレンタルでき、その間に別途通信料が発生することがなかったので、通信代を恐れることなく、必要な時、困った時には躊躇なく使えて安心感がありました。

 

アドバイス

海外へ行ってもモバイルWi-Fiを利用すれば、日本にいるときと同じ感覚でスマホやパソコンが使えて、不自由しないということですよね。昔なら、ちょっと連絡を取るにも一苦労でした。
そう考えると今はFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使える便利な時代になりましたね。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方は必見!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意