インドに行ったら寝台列車に乗ってみるのがオススメ??



友人とインドに行った時のことです。

 

インドの公用語は、ヒンディー語と英語。あまり海外に慣れていない頃に行ったので、ヒンディー語はもちろんですが、英語も全く聞き取ることも、話すことも出来ませんでした。

 

インドに行ったら寝台列車に乗ってみるのがいいよ!と聞いていたので、都市デリーから寝台列車で移動。片道15時間以上の道のりです。

 

電車の乗り方も分からなかった私たちは、切符を買うのも電車を探すのもひと苦労。いろいろな人にガイドブックを見せながら、乗車。慣れないことをしてるせいもあり、席に着いたときにはすでにグッタリ。。。

 

海外で電車というと危険が多いのでは?!と緊張していましたが、周りに座っている人たちは道のりが長い者同士仲良しに!みんな気さくに話しかけてくれました。

 

私は話している表情や、なんとな〜くのニュアンスで感じ取ってましたが、実際なんの話をしているのかわかっていませんでした。今なら、スマホを使ってやりとりできれば、これから向っている観光地のことも聞けたでしょう。

 

しかし当時はガラケーの時代。インターネットもまだまだインドでは普及していませんでした。

 

観光した場所で特に印象に残っているのが、ガンジス川の岸辺です。

 

なぜなら、迷路のような細い道を抜けないと川まで辿りつけず、友人と逸れたら一人になってしまう!というずっとハラハラした危機感と不安でいっぱいの思い出があるからです。

 

しかし、大変な思いをしてたどり着いた岸辺では、沐浴したり祈りを捧げたりしている姿を見ることができました。

 

日本では見ることが出来ないような経験ができ、苦労して来てよかったと思いました。

 

今はインドもインターネットやスマホも普及しているので、移動に関する情報を集めて、楽しむ方法を準備しておくと、もっと観光が楽しめると思います!

 

アドバイス

会話は出来なくても何を言っているのか聞き取れたら、コミュニケーションがもっと取れるのに、と思うこと結構ありますよね。
スマホを持っていれば、翻訳機能があるので、英語を話すことが出来なくても助けになりますよね。

 

今では、どの国にもFreeWi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使えます。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方は必見!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意