バンクーバー(カナダ)で「どこのバス停で降りればいいのだろうか」のハラハラ



私が以前、数ヶ月滞在していたカナダのバンクーバーでは、交通網はバスが中心でした。そのため、縦横無尽にバスが入り乱れています。

 

チケットはゾーンごとに決められているので、途中で乗り換えても、一定時間は同じチケットで乗り放題です。バスを乗り継げば、だいたいどこへでも行けるので、とても便利でした。

 

しかし、それだけたくさんのバスがあると、どこでどう乗り換えたら目的地にたどり着けるのか、わかりませんでした。

 

バス停にはもちろん、停留所の案内などは載っていましたが、その情報だけで目的地にたどり着くのは難しかったのです。

 

その頃にはすでにWi-Fiは利用されていました。スマホを電話回線で使うのは高額だったので、インターネットやメールを見たい時は、街中のFree Wi-Fiを利用していました。

 

街中では、ところどころ、Free Wi-Fiを提供しているお店の周辺でインターネットに接続できる、という状態でした。

 

多くのお店がFree Wi-Fiを提供していましたが、モバイルでの使用のように、好きな場所で好きな時に、インターネットに接続することは難しかったのです。

 

あらかじめ降りるバス停を調べたり、さらには間違って通り過ぎないように、そのバス停の手前にある建物やお店など、周囲の目印を調べたりして、不安を打ち消すには色々と下調べをしていなければなりませんでした。

 

でも今は、海外でもプリペイド用のSIMカードが契約できたり、数日から数ヶ月であればモバイルWi-Fiを利用できるので、いつでもどこでもWi-Fiが使えて安心です。

 

それならば、またバンクーバーに行った時でも、バスの乗り換え案内もいつでも調べることができて、何の不安もありません。

 

今までであれば、海外の旅行先では、いつ降りればいいんだろうかとハラハラし、心ここにあらずで周りの景色を楽しめない、そんなこともありました。

 

だけどスマホが世界中で自由に使える今では、バスに揺られながら、建物や車、道を歩く人など、現地ならではの眺めを楽しみながら、旅行することができます。

 

目的地に向かう途中で見つけた、おしゃれなお店に立ち寄って、すてきな商品に出会えたこともあります。

 

スマホが自由に使えなかった時代では、こうはいきませんでした。途中下車してしまったら、次にどれに乗ってどう行けばいいのかわからなくなってしまうからです。

 

今ではそんな心配も懐かしい出来事だなと感じながら、偶然出会う、素敵なお店や場所を楽しみながら旅行しています。

 

アドバイス

知らない土地で地図もなく目的地へ向かうのはかなり難しいですよね。。。昔はガイドブック片手にぐるぐる歩き回ることもありました。

 

そう考えると今はFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使える便利な時代になりましたね。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方は必見!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意