韓国旅行で、コミュニケーションが取れずアワアワした話

 

以前韓国旅行に行ったときの話です。
女子旅のメインはやっぱりショッピング。その場所は卸市場として有名な場所でした。魅力的な商品がたくさん並んでいて、目移りしてしまいます。

 

でも、その商品にはどれにも値段がついていませんでした。そのため、気になる商品があったら、その都度店員さんに金額を聞かなくてはいけません。

 

出発前に、「いくらですか?」のような日常会話的なことは多少覚えていったのですが、そのとき気が付いたのですが、

 

「いくらですか?」は聞ける。でも店員さんが何て言ったかさっぱり・・・(涙)

 

また、別の問題も。今思うと私危ないことやってたかな?と思うことなんですが、当時は現地のお金の支払いについてもよくわからなかったため、屋台で食事をしたときに、持っている小銭を手のひらいっぱいにひろげて、そこから店員さんにとってもらったりもしました。

 

そういった会話に困ったとき、私が活用したのが「Google翻訳」でした!

 

アワアワしている私は、「いくらですか?」と聞きながら、とりあえずスマホを差し出し、店員さんが直接文字を入力してくれ、いくらかを知ることができました!(なんて優しい方♪)

 

旅行会話の本も持ってはいったのですが、話しながら会話を探すなんて、無理でした。結局すぐに検索して調べることができるスマホをフル活用しておりました。

 

数少ない、知っている単語とスマホで一生懸命会話をしていたら、コスメショップのお姉さんが、「笑顔がとても綺麗」と入力してくれたのが、良い思い出です♪

 

海外用WiFiルーターを持っていったおかげで、インターネットが使えて、店員さんと楽しくコミュニケーションでき、初めての韓国旅行は、本当に思い出に残る素敵な旅になりました。

 

アドバイス

スマホの翻訳機能は本当に便利ですよね。日常会話は覚えて言ったつもりでもすぐに出てこなかったりしますし、話せないことで楽しみを逃していることもあるかもしれませんよね。

 

今では、どの国にもFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使えますね。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方へ!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意