カナダのバンクーバーでは、早くからWi-Fiが普及していた結果

 

私がカナダのバンクーバーに語学留学をした時の話です。
まだ、日本ではスマホがあまり普及していない時で、Wi-Fiという言葉も、今ほどたくさんの人が知らなかった時代です。

 

バンクーバーではWi-Fiがかなり普及していて、カフェなど多くのお店が、Free Wi-Fiを提供していました。学校や一般家庭でも、ほとんどの家がWi-Fiでインターネットに接続していました。

私がホームステイした家でも、Wi-Fiを利用しており、無料で繋ぐことができたので、Wi-Fiでだけ使える端末や、パソコンでインターネットを利用していました。

 

日本にいる私の家族は、離れたところにいる私を心配していたので、留学をした初めの頃は、週末になると連絡をしていました。

 

連絡方法は、インターネットで利用できる、無料のテレビ電話で話をしていました。テレビ電話なので、こちらの顔や部屋なども見せることができ、安心してもらえました。

 

時差やお互いの都合もあるので、まずはメッセージでお互いの予定をやり取りし、時間が合うところでテレビ電話をしました。

 

インターネットを利用すれば、無料でメッセージも電話もできます。離れた家族と予定を合わせて、テレビ電話をするのも、お金もかけず、スムーズにできました。

 

また、私が通っていた学校でも、校内のWi-Fiに自由に接続できたので、そこでテレビ電話をすることもありました。

 

校内はどこでもWi-Fiの電波が届いていたので、電話しながら校内を歩き、日本にいる家族に、映像で教室や公共スペースなどの案内をしたこともありました。どんなところで勉強しているのか、そんなことも簡単に説明できたので、とても便利でした。

 

この頃、私が利用していた主な施設は、家、学校、図書館でしたが、図書館でも登録をすれば無料で使えるWi-Fiが提供されていて、何かあった時でも色々な場所から連絡が取りやすい環境だったので、安心でした。

 

逆に、いつでも連絡を取ることができてしまう、ということでもあり、なるべく日本語を使わないようにと、必要以上に連絡は取らないように気をつけていた程でした。

 

路上などのWi-Fiが使えないような場所からでも、いざという時には日本へ連絡できるようにと、日本で使っていた携帯電話(ガラケー)も持ってきていました。

 

しかし結局、留学していた期間にそのガラケーを使う機会はありませんでした。

 

インターネットを利用して、全て無料のテレビ電話やメッセージのやりとりで、日本への連絡は済ませることができたので、余計な通信費はかかることがなかったです。

 

その分、色々な場所を見学したり、ご飯を食べたりと有意義に過ごすこともでき、よい経験ができました。

 

アドバイス

カナダのバンクーバーでは、以前からFree Wi-Fiが普及していたんですね。

 

今では、どの国にもFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使えますね。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方へ!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意