グランドキャニオンで夜中の怖いホテル探し

 

以前、アメリカのグランドキャニオンを巡り、いくつかの町を友人たちと車で旅行したことがあります。現地の空港でレンタカーを借りて、交代で運転をしてアメリカを縦断しました。

 

この旅行では、出発地点と最終地点、そしてだいたいのルートはあらかじめ決めていました。

 

ですが、その途中でどこに寄るのか、細かいところは決めずに、みんなで車の中やホテルで話して、その場で決めるという、自由な旅行でした。

 

当然、宿泊するホテルも決めていません。行けるとこまで行き、日が暮れてきたら、その近くの町でホテルを探す。そんな感じで、行き当たりばったりで、見かけたホテルに部屋が空いているか尋ねることもありました。

 

今思えば綱渡りの旅だったかもしれません。なぜなら、もしもその町のホテルが満室だったら、また次の町までしばらく走らなければならなかったからです。

 

グランドキャニオンの道路は、360度広がる荒野の中に、まっすぐ伸びた道路。町を抜けると、次の町まではまたしばらく荒野が続き、走り続けます。

 

すると突然、また町が現れる。
一つの町の中にはいくつかホテルが建っていますが、満室のホテルもありました。

 

夜遅くに着くこともあったので、もしもそこで部屋が空いていなかったら、夜中も運転して次の町に行くか、車中泊するかしか選択肢はありません。
(グランドキャニオンの道路がまっすぐ続く、見晴らしもよく、車も詰まっていない道路とはいえ、慣れない荒野での夜中の運転はさすがに怖い・・・。)

 

幸い、全てのホテルが満室ということはなく、どこかのホテルは空いていて、宿泊することができました。

 

その当時、今のようにモバイルWi-Fiが普及していたら、移動中の車の中でも、スマホを使って部屋を予約しておけたし、その町のホテルが空いていないと分かれば、早めに次の町に移動するなどの対策もできて、心配がなかったかもしれません。

 

当時でも、だいたいどこのホテルにもFree Wi-Fiのサービスがあり、使うことができました。

 

翌日はどこの場所まで運転して、泊まるかを決めた時は、前日に泊まったホテルのFree Wi-Fiを使いました。そして、スマホで翌日のホテルの予約をしていたのです。

 

ホテルを比較して探すアプリもあったので、場所はもちろん、人数や価格など、条件に合うホテルを簡単に探せました。

 

さらに、同じホテルでも安いプランが探せたりと、とても便利でした。ホテルの比較サイトでは、日本語の翻訳も対応していて、そのホテルを利用した世界中の人のコメントも日本語で読めるので、英語が苦手な方にもオススメです。

 

スマホでホテルの予約をした時は、予約後に届く確認のメールや、予約完了画面を保存しておけば、プリントする必要もなく、それを見せればホテルでの受付もできて、スマホ一台あれば完結できました
(以前海外旅行した時には、予約の書類をそれぞれのホテル分、何枚もプリントして持っていたのに!)

 

日本にいる時だったら、家庭用のプリンターを使えばいいですが、海外でプリントをするのはどこでしたらいいのか、と意外と困るものです。

 

スマホがあれば、それがなくて済んでしまいます。日本から書類を準備していく必要もないのです。旅行では極力荷物を減らしたいので、その分、身軽に動けて、(おみやげもその分持てるし)とても便利です!

 

アドバイス

異国の地でしかも先に何があるかわからない場所。それだけでも不安になるものです。事前の準備はしておくべきでしたよね。。。

 

そう考えると今はFree Wi-Fiがあるし、WIFIルータをレンタルしても安いので、日本にいるときと同じ感覚でスマホやネットが使える便利な時代になりましたね。ただ、私は、今でもホテルや無料のWiFiスポットは心配なので利用していません。

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方へ!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意