海外(現地)でモバイルWiFiルーターをレンタルするときの注意点は?(失敗談あり)



海外用WiFiルーターをレンタル方法は、大きく2つあります。

 

・日本で借りて持っていく
・海外の現地で借りる

 

私が海外の現地でWiFiルーターをレンタルしたときの失敗談です。

 

これを知らないと、貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません。

 

(私の失敗体験)

 

日本の旅行会社の現地オフィスでレンタルしているところもあります。その時は、レンタルするかどうか着いてから考えることに。

 

そして現地について、やっぱり何かと不便だったので借りることに。パンフレットに書いてあった現地オフィスに行くことにしたのですが・・・。

 

●現地オフィスの場所がよくわからない

 

地図には書いていたが、やはり初めて行くところだし、よくわからなったので、近くの人に聞いたが、英語だったのでイマイチわからず、着くまでに予定以上に時間がかかった。

 

 

●オフィスがオープンするまで待たないといけない。

 

その日のスケジュール的に、最初にオフィスに行く必要があったが、オープンが10時だった。

 

本当は朝早くから行動したかったが、それまで、どこにも行くことができなかった。

 

 

●オフィスでも呼ばれるまで待たされる

 

現地オフィスでは、オプショナルツアーなどの申し込みなどで来ている人も多くて、着いてから呼ばれるまでに15分ほど待たされた。

 

さらに、そこから申込書を書いたり説明を聞いていると、30分ほど時間がかかった。

 

 

●そこから、次に行く場所までの距離が遠くなった

 

オフィスがあった場所が、次に行きたいところとは反対の方向にあったので、一度、ホテルの近くまで戻ってから次の場所まで行ったので、さらに時間がかかった。

 

結局は

ホテルを出てから、借りて、またホテルの近くまで戻ってくるまでに、1時間以上のロス。さらに、オフィスが開くのを待っていたので、動き始める時間も遅くなってしまい、トータル2〜3時間くらい損した気分でした。

 

現地での1時間は大切です。1時間あれば、何件お店を回れますか?もっとプールでも色々と遊ぶことができます。それが、2〜3時間ともなれば、もっとですよね!

 

せっかくの海外旅行。高いお金と貴重な時間を使って来たのだから、できるだけ時間のロスは避けましょう!
必ず、私はいつも海外用のWiFiルーターは日本でレンタルしています

 

ちなみに、、、
WiFiルーターをレンタルしても電話は使えません。現地のレストランやお店に予約を入れたいときは、ホテルのコンシェルジュに電話してもらっています。

 

その時もスマホが使えれば、Google翻訳が使えるます!
伝えたいことを英語で説明できるので便利です。

 

【まとめ】
●現地で「借りに行くという予定」を入れないといけない(その日の予定が制限)

 

●現地で借りに行く時間がもったいないので他のことに使おう!

 

●借りるなら、事前に日本でレンタルした方が便利で安い

アドバイス

出発前に日本で借りた方が日本語でゆっくり説明も聞けるし、確認もできるので安心です。

 

時間の節約にもなるしまた、一般的に、現地で借りるより安く借りることができます。

 

せっかくの海外旅行。高いお金と貴重な時間を使って来たのだから、できるだけ時間を無駄にしたくないので、私はいつも海外用のWiFiルーターは、必ず日本でレンタルしています。

→これが、私がいつも利用しているWiFiルーターです

 

《知っていました?》
「今度の海外旅行は、ホテルの無料WiFiを使う予定です・・・」という方は必見!
→私が海外で体験した失敗談6つの注意